モエレ沼の花火大会の2017年の開催日はいつ?席は?

札幌市の花火大会といえば、
北海道新聞社主催の花火大会(2017年は7月28日開催予定)や
真駒内の花火大会(2017年は7月8日開催)がありますが、
実はモエレ沼公園でも大規模な花火大会があるんです。

今年で6回目という、まだ始まったばかりの花火大会ですが
他の花火大会とちょっと違う趣を楽しめる花火大会です。

実は、下の子が学校で配布されたプリントの中に
モエレ沼芸術花火のちらしが入ってまして、こういう
花火大会があるのを初めて知りました。

普段、街の方へ行く用事とかないので、
札幌のイベントとか、広告がないものは全然
分からないので…(苦笑)

で。
モエレ沼芸術花火 2017年は、9月9日(土)に開催されます。
16時開場で、花火大会は19時25分頃からスタートします。
それまで、イベントもあります。

スポンサーリンク

モエレ沼芸術花火とは?

始まってからまだ日の浅い花火大会なので、
知らないという方も多いかも知れません。
(わたしも全然知りませんでしたし)

2012年にモエレサマーフェスティバルとして誕生し、2014年から
現在の名称になった花火大会です。

会場のモエレ沼公園は、札幌市の東区にある、
芸術家のイサム・ノグチ氏が設計。
『公園全体がひとつのアート作品』をコンセプトに創られている
総合公園です。

そんな芸術的な価値もある公園で開催される花火大会は、
芸術的センスも多い花火が打ち上げられる…のかな(笑)

2017年の目玉として、ヨーロッパで最高峰と評価の高い
イタリアのPyrotecnica Soldi社が完全自社製花火で参加。
日本の花火とはひと味違う海外の花火も楽しめます♪

モエレ沼公園までのアクセスは?

原則、公共の交通機関を利用してね、です。
シャトルバスが最寄りの駅から運行しますので、それを利用するのが
1番手っ取り早いです。

シャトルバスは、下記の場所から運行されます。

・JR学園都市線 あいの里教育大駅 乗り場:北口
・地下鉄東豊線 栄町駅 乗り場:2番乗り場(イオン札幌栄町店前)
・地下鉄南北線 麻生駅 乗り場:バスターミナル南レーン6番乗り場 ​

運賃片道大人300円、こども150円です。
シャトルバスを降りて、会場まで15分ほど歩きます。

スポンサーリンク

自家用車で会場に行けるプラン

駐車場込みの有料席プランも販売されています。

小さなお子さんや高齢の方もいるという方は、
公共の交通機関を利用し辛いかも知れませんので、
車で行ってもいいプランの券を購入しておく
方がいいかも知れません。

この場合、
車1台と4人分のプレミアム席で、33.480円(税込)
車1台と4人分の芝生の席で、18.360円(税込)
となっています。

ちょっとお高いかも知れませんが、特に、花火大会が終わって
帰宅する時の混雑を考えると、マイカー込みプランも考慮する
価値はあるかと思います。

リムジンバスプランもあります

旅行社が、札幌市内各地と札幌市近郊発のバスツアーを
発売しています。このプランは、芝生の席になります。

▼会場の案内図です

(画像引用 モエレ沼芸術花火公式サイトより http://www.moere.jp/)

穴場スポットはある?

花火大会は観たいけど、混雑するのはいや…。
という方向けの穴場スポットがあるのかチェックしたら、
4か所でてきました。

・中沼団地第3公園
・モエレ健康センターたまゆらの杜
・ホクレンショップ東苗穂店
・イオンモール札幌苗穂店

音楽に合わせた打ち上げでは、会場ほどは楽しめないかも
しれませんが混雑は避けたいという方は、こういった
穴場スポットを利用するのがお薦めです。

わたしだったら、イオン苗穂店がいいなあ。
ショッピングモールなので、食事も出来るだろうし
車で行ってもOKなのも楽。

何より。
おトイレ並ばなくてもいい(と思いますけど)のって
絶対いいですよね♪

更に遠くても構わない、というでしたらいっそJRタワーのような
高所にある展望室から眺めるという手もあります。

チケットの入手方法は?

有料の席や車でOKなプランのチケット購入は
ローソン、ミニストップの『Loppi』で購入できます。
Lコードは18888 です。

まとめ

今年が6回目になるモエレ沼芸術花火。
参加人数も1万5千人程と、大曲のような有名な花火大会に比べたら
まだ、見に行きやすい花火大会だといえます。

今年は海外の花火師も参加するので、
他の花火大会とは一風変わった花火が楽しめそうです。

スポンサーリンク