ハロウィンでマウイの仮装をしたいけど、注意することがある?

今年のハロウィンで、何の仮装をしようかあれこれ考えている方

ディズニー映画のモアナと伝説の海のヒロイン・モアナとモアナを助ける半神マウイの仮装をペアでしたいな~と、思っている方もいらっしゃることでしょう。

モアナとマウイはペアで仮装してみたいキャラでもあることと思いますし。

でも。
マウイの仮装をする時は、ちょっと気を付けた方が良いポイントもあるんです。

そのポイントについて、書いてみますので参考にしてください。

スポンサーリンク

マウイの仮装で気を付ける点

マウイの劇中での衣装は、腰に巻いている葉っぱのやつだけですよね。
あとは、あの独特のタトゥー。

肌に直接タトゥーのあの文様を描き込む仮装は、ディズニーリゾート内においてはNGになると思います。ディズニーハロウィンの公式サイトにもNGな仮装のひとつとして、肌の露出が多いものが挙げられています。

他の場所では大丈夫かも知れませんが、ディズニーリゾート内では他の方法でマウイの仮装をするようにしてください。

スポンサーリンク

肌色に近い、無地のTシャツに文様を描く。下は葉っぱの衣装ではなく、普通にGパン等を履いておく位で留めておく方が無難です。

モアナの仮装をした人を一緒にいればマウイの仮装だと分かってもらえる…、と思いますので。

モアナの衣装も、ディズニーリゾート内で着用する時は肌の露出に気を付けた方が良さそうです。

ポリネシア文化のこと

マウイの仮装をする時に、気を付けておきたいことにポリネシア文化のことがあります。

モアナと伝説の海の公開前に、マウイのキャラクターデザインのことで、クレームが付いたことがありました。ニュースにもなりましたので記憶にある方も多いかと思います。

マウイの体格の問題もですが、マウイの身体にあるタトゥーは、ポリネシアの民族の方にとってはとても神聖なもの。

模様にも意味があって、その人の家系を記すものでもあるんだそう。

以前販売された、子ども用のマウイのハロウィン用の衣装も西洋の何だかというお祭りで、その神聖なタトゥーをあんな風に扱われるのは心外だということで、問題にもなりました。

ディズニー側の対応としては、謝罪をし、その衣装は販売を停止しています。

もしマウイの仮装をするのでしたら、そんな事もあったのだということをちょっと心に置いておくのが、いいのかなと思います。

まとめ

ハロウィンで仮装をするのは、とても楽しいことです。

でも
仮装の内容によっては問題がおきることも時にはあるということも、ちょっと憶えておきたいものです。

スポンサーリンク