剣道全日本選手権2018の出場選手。代表は誰?組み合わせは?

先月世界選手権が開催されたばかりですが、今度は
全日本選手権大会が開催されますね。


▲第66回大会のポスターです

開催日の11月3日、2018年は土曜日になります。
普段でしたらうちの子が通ってる剣道会の稽古の日に当たりますが、何分祭日でもありますし、恐らく稽古は休みになるかなあ、と期待。

今年もTV放送される時間は、チャンネル権を誰にも渡さない覚悟です(笑)
(うちのレコーダー、壊れたままだし(TT))

スポンサーリンク

剣道全日本選手権2018の出場選手は?

第66回になる剣道全日本選手権、気になる今年の各都道府県の代表選手はこちらです。

北海道・東北地方

北海道 安藤翔(5段) 山田凌平(4段)
青森県 古畑健吾(錬士6段)
山形県 渡部雄大(錬士6段)
宮城県 千田 海(4段)
福島県 下重成彌(5段)
秋田県 土田圭助(6段)
岩手県 菅野隆介(5段)

関東地方

千葉県 嶌津貴之(6段)小谷明德(錬士6段)佐藤弘隆(5段)
埼玉県 平野伸一郎(錬士6段)
茨城県 山下和真(5段)松﨑賢士郎(3段)
東京都 村松洋輔(5段)宮本敬太(4段)内村良一(錬士7段)西野友揮(4段)
神奈川県 勝見洋介(錬士6段)野村洋介(5段)
埼玉県 足立柳次(5段)橋本桂一(錬士7段)
栃木県 大谷裕希(5段)
群馬県 福田竜介(6段)

中部地方

長野県 森角智慈(6段)
岐阜県 恒川和也(5段)
新潟県 赤塚洋紀(錬士6段)
富山県 小木 輔(5段)
石川県 後藤拓真(4段)
福井県 林田匡平(5段)
静岡県 塩谷匡彬(5段)山名良昌(錬士6段)
山梨県 佐藤裕己(5段)
愛知県 久田松雄一郎(4段)日置康紀(錬士6段)

近畿地方

大阪府 岩切崇聡(5段)村上雷多(五段)前田康喜(四段)
兵庫県 桐石 泰(5段)西村 健(錬士6段)
奈良県 前田頌悟(4段)
和歌山県 坂口拓磨(5段)
滋賀県 嘉数 卓(4段)
三重県 笠原孝輔(錬士6段)
京都府 坂口洋司(5段)

中国地方

広島県 山本隆裕(錬士6段)
岡山県 尾池智行(6段)
鳥取県 齋江貴大(4段)
島根県 平井勇気(4段)
山口県 小江隆之介(6段)

四国地方

高知県 中澤公貴(5段)
徳島県 大石洋史(6段)
香川県 松本和明(錬士6段)
愛媛県 村上泰彦(5段)

九州・沖縄地方

熊本県 西村英久(6段)
宮崎県 松﨑亮介(5段)
福岡県 村方孔哉(錬士6段)望月脩平(4段)國友鍊太朗(5段)
長崎県 白鞘甲大(5段)
佐賀県 原口功世(6段)
沖縄県 上江洌貴大(6段)
大分県 竹下洋平(5段)
鹿児島県 濵﨑翔大(4段)
(敬称略)

五段、六段の選手がやはり多いですね。中には錬士六段、七段の方も。
そんな中、目を引いたのは茨城代表の松﨑賢士郎選手。今大会ただお一人の三段の選手です。

なんか、頑張って欲しいなあと思ってしまいました。


スポンサーリンク

組み合わせは?

一回戦目の組み合わせが全日本剣道連盟のホームページに記載されていますので
詳細はそちらでチェックしてください。
(https://www.kendo.or.jp/competition/champ-66th/)

個人的に押し選手な安藤翔選手(北海道)の対戦相手は……和歌山の坂口拓磨選手でした。共に五段同士ですし、この前の世界選手権の団体の決勝戦の時のようなプレッシャーもないと思いますし、是非勝ち進んで欲しいものです♪

そして。
先述の三段の松﨑賢士郎選手。初戦の相手は……錬士六段の山名良昌選手
初戦の相手としては、かなり苦戦を強いられそうな……(汗)
やっぱり応援したくなりました。

まとめ

毎年楽しみにしている剣道の大会、全日本選手権大会開催の日が近くなってきました。

2018年の大会では、どんな対戦が観れるのか今からわくわくします♪

取り敢えず今大会は安藤翔選手と、松﨑賢士郎選手を応援しようと思ってますv

スポンサーリンク