剣道全日本選手権2018予選、九州沖縄地区の開催日と結果は?

今年は世界選手権大会も開催されますが、
剣道全日本選手権2018の予選会も各地で始まってます。

まずは、九州及び沖縄での予選会の開催日や結果をチェック。
どんな選手が全日本に出場するのか、気になりますね。

スポンサーリンク

剣道全日本選手権2018予選、九州沖縄地区の開催日は?

九州各県と沖縄県での全日本2018の予選会はこの記事を書いている時点(6月20日)では、福岡県(女子のみ)、佐賀県、宮崎県、沖縄県が予選会が開催されていました。

剣道全日本選手権2018の予選、九州沖縄の結果

今のところ、下記の予選会の結果が分かりました。

福岡県(女子のみです)の結果

優勝 松本智香選手(鹿屋体育大学)
準優勝 糸山亜美選手(警察官)
3位  中川澄霞選手(警察官)
4位  新開樹里選手(福岡大学)

★優勝・準優勝の2名の選手が福岡県代表になります。

佐賀県の結果

◆男子

優勝 原口選手 (佐賀県警)
2位 高取選手 (佐賀県警)
3位 杉本選手 (佐賀県警)
   原選手  (佐賀県警)
5位 小笠原選手(佐賀県警)
   陣内選手 (佐賀県警)
   森崎選手 (佐賀県警)
   佐藤選手 (佐賀県警)

★優勝した原口選手が佐賀県代表になります。

◆女子

優勝 増崎選手 (白石高校)
2位 豆田選手 (福岡大学)
3位 眞鍋選手 (国学院大学)
   永原選手 (麓刑務所)
5位 木塚選手 (教員)
   合瀬選手 (龍谷高校)
   庄島選手 (白石高校)
   合瀬選手 (筑波大学)

★優勝した増崎選手が佐賀県の代表です。

長崎県の結果

◆男子

優勝 白鞘甲大(長崎県警)
2位 藤山光治(長崎県警)
3位 北浦裕介(長崎県警)
3位 大久保寛(長崎県警)

★優勝した白鞘甲大選手は長崎県代表になります。

◆女子

優勝 野﨑 優花(学剣連)
2位 中村久美子(学剣連)
3位 田添 千尋(西陵高校)
3位 土居 裕佳(学剣連)

★優勝した野﨑優花選手は長崎県代表になります。

スポンサーリンク

これから予選会が開催される県など

まだ予選会が開催されていない県もあります。

福岡県(男子)、熊本県は7月8日
鹿児島県は、女子は7月1日、男子が7月15日に開催されます。

宮崎県、沖縄県は6月16日に開催されていたのですが
公式サイトで結果の掲載が出ていませんでした。

まとめ

ということで、現在分かってるところでの
全日本選手権の代表選手をチェックしてみました。

やっぱり警察官、強いですね~。男子は殆ど各県警のお巡りさんですもん。佐賀県なんて、5位までの8名全員県警の警察官ですし。

でも、女子の方は学生、高校生なんですよね。ちょっと意外? でも、高校、大学の部活などで毎日ハードな稽古を積んでることでしょうし、強いんだろうなあって思いました。

残りの県、九州以外でもまたチェックしていきます。
因みに北海道も7月上旬に2次予選があります。

スポンサーリンク