2019年剣道全日本選手権の会場は日本武道館じゃない!理由は?

毎年11月3日に開催される
剣道全日本選手権大会。

会場は日本武道館となっていますが(女子の大会は長野ですが)
2019年は日本武道館での開催じゃありません。

その理由と、2019年の全日本選手権が開催される会場がどこなのかを調べてみました。

スポンサーリンク

2019年の剣道全日本選手権の会場はどこ?

2019年の剣道全日本選手権が日本武道館での開催ではないのだったら、どこで開催されるのかというと……

何と、大阪でした。 

会場は、丸善インテックアリーナ大阪 という所での開催になります。
(公式ホームページをみましたら、広くてきれいな施設でした)

なので、
2019年の全日本選手権を観に行きたいなとお考えの方は、会場を間違えないよう、気を付けておかなくてはいけませんよね。

2019年の全日本選手権が日本武道館じゃない理由は?

剣道の全日本選手権といえば、日本武道館での開催…というのが何かもう刷り込まれているんですが何故2019年は会場が変わったのかというと…

日本武道館が使えなくなっているから

なんですね。

施設の老朽化の補修とかで、2019年9月から約1年かけて改修工事を行うそう。
なので、11月3日に開催される全日本選手権大会もここでは出来ないよ、ということなんですね。

第1回大会から、日本武道館以外の会場での開催はありましたがどの大会も東京都内の会場での開催でしたので、東京以外の開催というのは第67回大会が初めてのことになりますね。

余談になりますが
以前何かのニュースで東京方面の主だった施設が、結構施設の老朽化で改修工事に入るとか言っていたのを思い出しました。

それもあって、東京以外での開催になってしまったのかなと、個人的に思ったです。


スポンサーリンク

丸善インテックアリーナ大阪へのアクセスは?

初めての大阪での開催というので、普段東京まで行くのは難しいっていう関西方面の方は、会場で全日本選手権を見ることができるチャンスでもありますよね。

地元だという方は、丸善インテックアリーナ大阪までのアクセスは分かっておいでだと思いますが、そうじゃないという方のために会場までの行き方をみてみました。

最寄駅は「大阪メトロ(地下鉄) 朝潮橋駅」になります。2-Aの出口から徒歩で約5分ほど。

遠方からのお越しの場合ですと

新幹線利用
地下鉄新大阪駅(地下鉄御堂筋線)→ 本町駅 (地下鉄中央線に乗り換え)→朝潮橋駅

伊丹空港利用
・連絡バスで新大阪駅か梅田駅 地下鉄御堂筋線で本町駅(地下鉄中央線に乗り換え)→朝潮橋駅
・連絡バスで大阪駅 JR大阪環状線・内で弁天駅 (地下鉄中央線に乗り換え)→朝潮橋駅

モノレール利用
・千里中央駅→本町駅(地下鉄中央線に乗り換え)→朝潮橋駅

というルートがあります。どのルートも共通しているのが本町駅で地下鉄中央線に乗り換えて、朝潮橋駅で下車し徒歩ということですね。

関西国際空港利用の場合も、本町駅までJRで行き、地下鉄中央線に乗り換えて朝潮橋駅まで行きます。

車の場合は阪神高速「天保山出口」で降ります。会場の駐車場は有料なので、注意してくださいね。

まとめ

2019年の剣道全日本選手権は日本武道館ではなく、大阪の丸善インテックアリーナ大阪が開催会場になります。

日本武道館が改修工事のため、2019年9月から使用不可になるためです。

今年の全日本選手権を観に行こうかなとお考えの方は、会場を間違えないよう注意してくださいね。

★ついでに大阪観光もしてみたい?
大阪の観光スポットを探す【たびノート・楽天】

スポンサーリンク