7月はみずがめ座δ流星群がピークです。天体観測は何が観れる?

7月末にピークがくるみずがめ座δ流星群を初め、
天体観測がし易い時期になります。

季節的にも夜、外で観測もしやすく、天候も安定してきますし
下旬は夏休みになりますので、お子さんと観測するのにも向いてますね。

夏休みの自由研究のテーマにもなりますし、ちょっと夜更かしして、
親子で天体観測をするのもいいですね♪

スポンサーリンク

7月に観れる流星群

まずは流星群。実は流星群も夏場は多く観測できるんです。

主なもので
・7月ペガスス座流星群 7月10日 ZHR3
・7月ほうおう座流星群 ピーク時不定 ZHR変動
・はくちょう座α流星群 7月18日 ZHR3
・やぎ座σ流星群 7月20日 ZHR5
・みなみのうお座流星群 7月28日 ZHR 5
・みずがめ座δ流星群南群 7月28日 ZHR 20
・やぎ座α流星群 7月30日 ZHR 4
などがありました。

殆どの流星群のZHRは少ないのですが、
みずがめ座δ流星群南群のZHRは20と、
まあまあ期待できる数値が出ています。

ピークの7月28日は夜10時頃に沈むので、それ以降の時間帯は
観測もしやすいかと思います。

私もこの日の夜お天気だったら、観測してみようと思ってます♪

また、南のうお座流星群のピークも同じ7月28日なので、
ZHRの数値は小さいですが双方の流星群が合わさるので、
もしかしたら予想よりは多く流れ星を観測できる、かもですねv

2日遅れでやぎ座α流星群もピークになります。
ピークの前後数日は流れ星も増えてきますので28日の観測は、
3つの流星群を同時に観測できるチャンスです。

7月に観れる流星群の中で、
7月ほうおう座流星群が特異な流星群になってます。ピーク時や
ZHRもはっきりしていない、謎めいた流星群です。

調べた限りでは7月13日がピークになっていましたが、
観れるかどうかも定かではありません。

スポンサーリンク

でも、この時期は色々な流星群が活動期になっているので、
その内のどれかの流星が観れるということはあると思います。
なので、お天気が良ければ観測してみるのはアリですね。

流星群以外では、何が観れる?

流星群以外の天体ショーは、というと…とても地味です(苦笑)

・25日 水星食
・27日 火星が『合』
・30日 水星が東方最大離角
と、これ位です。

25日の水星食は、東京で水星が月に隠れ始めるのが
18時56分、現れるのが19時49分です。条件がよければ、
じっと注意してみていたら水星食を観測出来るかも知れません。

といっても、日食のように昼間でも急に暗くなってきた、
というようなはっきり分かる現象は起きませんので、
水星食をみるんだと意識していないと、気付けなさそうです(苦笑)

この水星食は、南西諸島の一部では観測できないそうです。

他には、月が木星、土星の近くを通過します。
一日でさーっと通り過ぎるのではなく、日に日に近づいていって
通過するので変化は分かりにくいかも知れませんね。

7月28~29日にかけて木星の側を、
8月3日に土星の傍に月が輝きますので流星群を観測する前に、
ちょろっと夜空を眺めるもいいかも、です。
(月明かりがあると、流星群観測には不向きなので)

2016年は丁度この時期(7月22日~23日)に、
うちの子が所属してます剣道教室の合宿がありまして、
少し田舎の方の施設に泊まりました。

天気が良ければ天体観測もしたいなと思ってましたが、
生憎夜通し曇り空。ちらっとでも晴れないかなあと期待していたのですが、
全然ダメでした…残念。

以前、泊まらずに帰ったことがあったのですが、途中夜空をみたら、
星が凄くきれいで暫く車を停めて眺めていました。
あの星空をまた観たいなあって思っているんですけどね。

まとめ

梅雨も明ける頃で、天体観測にいい季節になります。

流星群も活動が活発になるものも多く、また夏休みにもなってきますので
是非親子で天体観測を楽しみたいです。

夏場ということで、薄着でも大丈夫な時期ですが
山とかへ行かれて観測するという時は、何か羽織れるものを
持っていかれることをお薦めします。

夏とは言え、山の方は夜は冷えることもありますし
長袖だと虫よけにもなります。
虫よけのスプレーも必需品ですね。

スポンサーリンク